FX テクニック 証拠金維持率

  • FX テクニック 証拠金維持率 はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

============================

【コンテンツ】

⇒FX超初心者講座

⇒FXリアルトレード

⇒FXマーケット解析

============================

今回のFX口座は証拠金維持率についてです

証券会社、FX会社に預けること証拠金といいまして
fx取引と証拠金の割合ことを証拠金比率といいます

大事な考え方なのでしっかり覚えてください

まずに基本的なところからなんですが
いくら損するの?いくら得するの?についてです

FXの証拠金維持率

fx取引では10万通貨という言い方をします。

例えば10万ドルのことを10万通貨という言い方をします
ドル以外にもユーロとかポンドの取引もありますので
その取引している通貨のことを
さして例えば10万通貨10万ドル のことを10万通貨10万ユーロの事を
10万通貨という言い方をします。

その10万通貨に対して1円動くと
いくら損するの?得するの?は10万円です

これは別の動画でも話ししているので
まだよくわからないの方は復習から初めていただきたいと思います

10万通貨例えば10万ドルの
ポジションを持っていて10万通貨10万ドルの取引をしていて
1円動くと10万円損もしくは得をするということです。

次にfxのメリット特徴としてレバレッジというものがあります
レバレッジはテコの原理のテコ
ということで英語でレバレッジといいます。

レバレッジというのは小さいものを大きく動かす
ということなんですけれども
証拠金が10万円あったときにレバレッジ20倍の
fx会社と取引をしていれば10万円*20倍で200万円の
ポジションがもているということです
200万円分の取引ができることですね
2万ドル1ドル=100円とすると2万ドルですね
2万通貨分の取引が出来る。
これがレバレッジです。

2万通貨を待ってたとして1円動くと2万円分の損もしくは得になるということです

1万通貨で一円であれば1万円 の損得になるので2万通貨を持っていて
1円動くと2万円の損もしくは得になるということです

次に必要証拠金と証拠金維持率という言葉があります。

まず必要証拠金についてなんですけれども
自分で取引している量÷そのレバレッジが必要証拠金になります。
10万通貨分1ドル100円として1000万円分取引をするのであれば
レバレッジ200倍でとするとですね5万円が必要証拠金になるわけです

逆に計算すると
5万円あればレバレッジ200倍で
5万円×200=1000万円になります。
5万円あれば一千万円分の取引ができるとも言えますし
1000万円分10万通貨分の取引をするのであればレバレッジが200倍であれば
5万円分の必要証拠金で済むということです

次に証拠金維持率というものがあります
必要証拠金に対してどれぐらいの証拠金がありますか
という計算でできます
例えば10万通貨であれば5万円の必要証拠金です
証拠金を10万円入金したようであれば10万円÷5万円で
証拠金維持率は200%という言い方をします
5万円が必要な証拠金です
入金している証拠金が10万円です
200%の証拠金維持率という言い方をします

次にポジションと証拠金維持率についてです
もし証拠金10万円預けているのであれば
レバレッジ200倍としたら10万円×200で2000万円分
のポジションが持てるわけです

1ドル100円とすると20万ドル分です
20万通貨分のポジションが持てます
これも同じような計算です
10万通貨10万ドル持ってたとしたら一千万円分のポジションです

必要証拠金は5万円なわけです
1000万÷200=5万円です
これは証拠金維持率に200%という言い方します
たとえば10万円通貨で取引をしている場合
60pipsx=60円
マイナスに動いてしまった場合は
先ほどの復習でもそうですが
10万通貨で10銭=10pipsだと1万円の損になりますので
60pips分マイナスになったという事は6万円の含み損になります
なので証拠金維持率の計算としては
預けているに証拠金10万円分からからマイナスになった6万円を
差し引いた4万円÷必要証拠金の5万円 という計算になります。
4万÷5万なので証拠金維持率は80パーセントという計算になります。

まだよく分からないなという場合は何回か動画を聞き直していただければなと思います。

 

FXで溶かす?

もうひとつ証拠金に対してマージンコールとというのが
マージンコール追加証拠金通称 追証という言い方をします

こればfx会社によっても違うんですが
100%割るとマージンコールといってね追加証拠金を
支払ってくださいと言われる場合があります
それは大きく損をしないための措置なので大事なことだとも思います

そして50%を割るとマージンカット(強制ロスカット)という言い方もしますが
強制的に損を確定するという仕組みが証券会社にあります

ただ海外証券の場合は証金0%までエマージンカットがないところもあります
国内証券の場合ほとんどの場合
100%割るとマージンコール追加で証拠金払って下さいとなります。
つまり80%が100%になるまでに証拠金払って下さいという風に言われます。

例でいくと
6万円分マイナスになってしまったので
4万円÷5万円=80%になりました
なので100%になるように1万円追加で証拠金を入れてください
追加で証拠金つまり追証を入れてくださいというふうに言われます

そしてそのまま50%わってしまうと強制ロスカットになってしまいますね
証券会社を選ぶ際マージンコールがない
0%までマージンコールがない会社を選ぶのも一つかなというふうにも思います

復習です

10万通貨で1円動くと10万円の損もしくは得になります。
レバレッジについてなんでですが証拠金が10万円でレバレッジ200倍で
10万×200=200万円分のポジションが持てます

そして必要証拠金というのがありまして
例えば10万通貨10万ドル分(1000万円分)で取引したいのであれば

会社が設定している証拠金200倍ということですから
1000万÷200で5万円分が必要証拠金になります。

証拠金が10万円に必要証拠金 が5万円である場合は
単純に割り算をして200%の証拠金維持率になります

そしてもし含み増になった場合には
この10万円からマイナス分を差し引いた4万円÷必要
証拠金の5万円で証拠金維持率は80パーセントと
いう計算になります。

逆にこれが含み損ではなく含み益の場合は
16万÷5万円で証拠金維持率は300%くらいになるという計算になります。
考え方でなれてない部分もあるかもしれません
まだちょっとよく分からないなという場合はもう一度を聞き直してください
今回もありがとうございました

  • 2017 09.29
  • FX テクニック 証拠金維持率 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。