FX初心者講座 FXの仕組みについて【どうやってFXで儲けるの】

  • FX初心者講座 FXの仕組みについて【どうやってFXで儲けるの】 はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

============================

【コンテンツ】

⇒FX超初心者講座

⇒FXリアルトレード

⇒FXマーケット解析

============================

FX超初心者の講座を始めます。

最初は基本中の基本から
話していきたいと思います。

まずは、
どうやってFXで儲けるのかについて
お話ししましょう。

FXというのは、
為替を売買して稼ぐ仕組みのことです。

為替というと、
難しく感じるかもしれませんが、
ドルや円やユーロなど
は聞いたことがあると思います。

もし、
海外旅行に行ったことがあるならば、
日本円を渡航先の通貨に両替した経験が
あると思います。

アメリカに行ったのならドル、
ヨーロッパならユーロ、
タイならバーツ、
中国なら元に両替したはずです。

その両替の差額で儲ける仕組みが
このFXになります。

FXとレバレッジ

例えば、アメリカに行って、
100円で1ドルが買えたとして、
日本に帰って来たら、
1ドルが110円に変わっていたとなると、
10円儲かることができますよね。

それと同じ仕組みをインターネット上でやるのが、
FXで稼ぐ仕組みになります。

そこで登場してくるのが
レバレッジという言葉です。

もしかしたら聞いたことがない方も
いるかもしれませんが、
レバレッジとはテコの原理のことで、
小さい力で大きいものを動かすことを言います。

つまり、先ほどの話でいうと、
1ドル100円が110円になって
10円の差額が儲けになります。

しかし、
10円だとさすがにやる意味がありません。

例えば、
日本円とドル。

今日の東京外国為替市場は1ドル100円など
ニュースなどで聞いたことがあると思います。

ドルと円は1日に
60銭から80銭ほど動きます。

もちろん、
1円以上動くこともありますが、
そんなケースは月に数回程度の稀なことで、
だいたい1円以内です。

例えば、
1ドルが100円だったら

1日で1ドルが
100円60銭から80銭で動くのが
だいたいのケースです。

なので
もし1ドルを売買したら
60銭が動くということになり、
利益が60銭になります。

ただ、
1円以下である60銭を稼いでも
何のメリットもありません。

アルバイトの方がマシだ
という話です。

じゃあ、
もし10万ドル(1,000万円)を
持っていたとしたらどうでしょう。

60銭の10万倍となるので、
6万円を稼ぐことができるわけです。

たった1ドルだけの売り買いだったら、
60銭動いたとしても、
1日の利益は60銭しかありませんが、
10万ドル(1,000万円)を取引すれば、
60銭の10万倍ですから、
利益は6万円になります。

しかし、
1,000万円を持っている方は
あまり多くないかもしれません。

1日60銭動いて6万円の利益を
上げることもできますが、
現実問題として1,000万円も
持っていない方の方が多いです。

ここで、
レバレッジが関係してきます。

レバレッジが20倍なら、
50万円を持っているだけで
その20倍の1,000万円分の
ドルが買えるというものです。

50万円しか持ってなくても、
FXの会社が20倍のレバレッジを
設定できるのであれば50万円の20倍の
1,000万円分のドルが買えるんです。

なので、先ほどの通り、
1日60銭動いたら、
6万円分の利益が出ることになるわけです。

50万円から始めて、
毎日6万円ずつ利益を上げることができたら、
10日で60万円稼ぐこともできるのが、
FXの特徴です。

それと同様に
もしレバレッジが200倍に
設定できるのであれば、

50万円で200倍の1億ドルが
買うことも可能です。
これは非常に大きい額になります。

つまり、
レバレッジ200倍の場合は、
1日60銭動いた時に
60万円の利益を上げることが
できるというわけです。

元手50万から始めても、
200倍のレバレッジを
使うことができたら10日で600万円の
利益を上げることもできてしまいます。

これは計算上の話ですので、
実際に600万円を稼げるかどうかではなく、
レバレッジの仕組みについての説明を致しました。

 

FXのレバレッジのリスク

ただ、
このFXには損してしまうケースもあります。

ドルが上に上がると思ったのに、
下に下がってしまった場合がその例です。

レバレッジ20倍であるとき、
60銭分が動いたら、
マイナス6万円になるわけですし、
レバレッジ200倍であるときは、
損失が60万円になります。
先ほどの例示と逆というわけです。

60万円の利益が出る可能性もありますが、
逆に言えば、
60万円損してしまう可能性もあるわけです。

200倍のレバレッジならば、
損は60万円になってしまうんですが、
これは、元手50万円の話なので、
60銭よりも手前である50銭が動いた時点で
強制決済という手で全てを帳消しにすることもできます。

具体的なやり方、勝ち方については、
この後説明していきますが、
今回はFXの仕組みとレバレッジについて
お話ししました。

少し算数が苦手な方には、
わかりにくい部分もあったかと思うので、
何回か見ていただいて、
しっかり頭に入れていただきたいと思います。

単純な算数ですので、
慣れればすぐにわかっていただけると思います。

根本的には、海外旅行に行った際の両替と
同じことであると覚えていただきたいです。

これからも基礎用語から応用編までを
お伝えしていきたいと思いますので、
次回以降も楽しみにしていてください。

ありがとうございました。

  • 2017 09.29
  • FX初心者講座 FXの仕組みについて【どうやってFXで儲けるの】 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。